出生前診断検査についてご紹介します!

出生前診断検査を受ける際に必要な準備

出生前診断検査を受ける際に必要な準備 お腹の中にいる赤ちゃんに先天性異常が無いかどうかを知るために「出生前診断検査」を受けたい場合、必要となる準備は受診する医療機関によって異なります。
もし、受診する医療機関に通院中であれば準備は非常に簡単です。
出生前診断に臨むことが可能な時期がきたときにかかりつけの医師に受診したいことを伝えれば、以後の流れを説明してくれます。
事前予約についても、スタッフが手配してくれるでしょう。
まだ通院を開始していなくても、その医療機関で出産することを決めていれば、初回診察の終了以降に同じ風に手続きをとれば良いです。
一方で、出生前診断検査のみを受けたい場合は、事前予約は自分自身で行わなければなりません。
基本的には、通院中の医療機関の主治医と相談の上で、主治医を通して申し込むことになります。
受診日は、主治医からの紹介状や分娩予定日などがわかるものなど、いくつかの書類を提出するよう求められるので、自宅を出る前に確認しておきましょう。

出生前診断の検査を受ける際に必要になる書類

出生前診断の検査を受ける際に必要になる書類 お腹の赤ちゃんが先天性の病気や異常を持っていないかどうかを調べたいと考えている人もいるでしょう。
その場合には病院に行って調べる際にはどのような書類が必要なのかと、不安に思うかも知れません。
しかし出生前診断をおこなっている病院はさまざまなところがあります。
受診の流れも違えば、費用もそれぞれによって違うものです。
そのため病院によって違いがありますが、中には事前に目を通す必要書類をあらかじめ用意している病院もあります。
スムーズに受診をするためにも、そういった病院の場合には目を通し、内容を理解しておくことをおすすめします。
一般的に出生前診断を受ける前には、事前に遺伝カウンセリングを受けるようになっています。
大きな大学病院の場合には紹介状が必要である場合がほとんどです。
郵送やファックスで届けていない場合には、初めて訪れるときに持参します。
羊水検査の場合には、血液や感染症の検査の結果を添えることもあります。

新着情報

◎2020/12/23

染色体異常の疾患とは何か
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

診断結果はいつ来る?
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「検査 準備」
に関連するツイート
Twitter

まだ準備中。検査開始まであと一歩。

領事館によって提出する写真の背景は白でと指定してあったり指定無かったり😅そもそも提出する書類の数も違うし、まあここまで足並みが揃わないというのも日本人の感覚としては「??」である ようやく申請に必要な書類を準備して記入が終わった📋️ あとは出国前48時間以内のPCR検査での陰性証明…

1ヶ月かけてようやく手に入れることができたビザを持っていざ南スーダン🇸🇸へ。渡航に向けた準備は万端!のはずでしたがまさかのPCR検査の表記に問題発生。飛行機への搭乗を拒否されることに。いきなり浴びたとんでもない洗礼。怒涛の展開を乗り越えて南スーダンに入国します。

荷物の整理したり、PCR検査に行ったり、 いろいろ準備中。 お久しぶりすぎて、何が必要だったっけ…! ってなっているところです。笑 今回ははじめて行く場所もあるんですけど、 お世話になってる方から色々情報もいただいたりして。 ありがたいです…!(^^)